檜前忌寸(読み)ひのくまのいみき

世界大百科事典内の檜前忌寸の言及

【漢氏】より

…東漢は,大和国高市郡を中心に勢力をひろげ,7世紀までに,坂上・書(ふみ)・民・池辺・荒田井など多くの直(あたい)姓氏族にわかれ,天武天皇の八色の姓(やくさのかばね)において忌寸(いみき)姓に改められ,8~9世紀には,坂上氏を中心に政界に地歩を占め,宿禰(すくね)・大宿禰を賜る氏もあらわれた。彼らは政界だけでなく,在地でも檜前忌寸(ひのくまのいみき)と総称され,檜前寺を氏寺とし,高市郡の郡司を歴任するなど勢力を保った。西漢は,河内国丹比・古市2郡を中心に,近接して居住し,文・武生・蔵の首(おびと)姓,船・白猪(しらい)・津の史(ふひと)姓などの各氏にわかれたが,東漢ほどの勢力はなく,八色の姓でも,忌寸をあたえられたのは文(書)首など少数にとどまった。…

【東漢氏】より

…このような多数の同族を代表する氏上(うじのかみ)は,7世紀末の壬申の乱のころは書直,8世紀前半の養老より天平までは民忌寸,天平以後は坂上忌寸(のち宿禰)と変化したらしい。彼らは〈檜前忌寸(ひのくまのいみき)〉と総称され,高市郡の郡司に任ぜられ,高市郡内に他姓のものは十中一,二といわれるほど集住性が高かった。 このような倭漢氏の同族関係が変化するのは,平安時代に入って承和年間(834‐848)各氏の忌寸,宿禰姓のものが,ともに内蔵朝臣に改姓されたころからで,帰化氏族の特性は失われ,日本の貴族姓への転化がみとめられる。…

※「檜前忌寸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android