コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武奈ヶ嶽 ぶながだけ

1件 の用語解説(武奈ヶ嶽の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕武奈ヶ嶽(ぶながだけ)


滋賀県西部、琵琶(びわ)湖西岸に連なる比良(ひら)山地の主峰。標高1214m。山頂付近はクマザサにおおわれ、山腹にはシャクナゲ・ツツジが茂る。東麓(とうろく)はモリアオガエルが生息する八雲ヶ原(やくもがはら)湿原。琵琶湖国定公園に属する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の武奈ヶ嶽の言及

【比良】より

…滋賀県滋賀郡志賀町と大津市堅田との境,琵琶湖の西岸にそって南北に連なる比良山地中の高峰群。主峰は武奈ヶ嶽(ぶながたけ)(1214m)。山容雄大で修験道の行場である。…

【比良山地】より

…西側は安曇(あど)川が流れる花折(はなおれ)断層谷によって西の丹波高地と分けられる。南北の長さ約15km,幅3~10km,最高峰は中央部の武奈ヶ嶽(1214m)。近畿地方内帯の中部にある鈴鹿山脈や生駒山地と同じく鮮新世~更新世の六甲変動によって隆起した地塁山地で,東側は花コウ岩,西側は古生層よりなる。…

※「武奈ヶ嶽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone