コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武昌蜂起 ぶしょうほうき

大辞林 第三版の解説

ぶしょうほうき【武昌蜂起】

1911年10月10日、中国湖北省武昌で起きた兵士たちの清朝打倒の反乱。辛亥革命の発端となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の武昌蜂起の言及

【辛亥革命】より

…政党の乱立,新聞の族生はその社会的現象であり,辮髪の剪截,纏足(てんそく)の解放はその個人的表現だった。武昌蜂起1周年に際し,北京では天壇が一般開放されたが,これほど帝国から民国への移行を実感させることはなかったろう。孫文は袁世凱と協定を行い,政治を袁世凱にまかせて,自分は10万kmの大鉄道網の建設に当たることにしたほどであった。…

※「武昌蜂起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武昌蜂起の関連キーワードウーハン(武漢)特別市ウーチャン(武昌)清の時代(年表)辛亥革命と孫文岑春けん辛亥革命黎元洪董必武戴季陶陳其美呉禄貞文学社双十節国慶節熊十力共進会蔣介石反乱武漢発端