コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残差 ざんさ

大辞林 第三版の解説

ざんさ【残差】

二変量の観測値(x i , y i )があり、その回帰式がy a b x で与えられる場合、 y i -(a b x i )の値。説明変数が二つ以上の場合にも拡張される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の残差の言及

【回帰分析】より

…単回帰分析では,目的変数の第i番目の値をyi,対応する説明変数の値をxiとすると,直線ŷiabxiを回帰式と呼び,定数項aと偏回帰係数といわれるこう配bをいわゆる最小二乗法で推定する。すなわち,観測値yiと予測値といわれる回帰式上の値yiとの差riyi-ŷiを残差といい,その残差の2乗の和(残差平方和)を最小にするabを求める。いいかえれば観測値と予測値ができるだけ近くなることが望ましい。…

※「残差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

残差の関連キーワードダービン‐ワトソン比ホリスティック法残差アプローチ政府経常余剰全要素生産性時系列分析傾向面解析回帰分析特殊因子説明変数自己相関貯蓄恒流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android