コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留性有機汚染物質 ざんりゅうせいゆうきおせんぶっしつ

大辞林 第三版の解説

ざんりゅうせいゆうきおせんぶっしつ【残留性有機汚染物質】

自然分解されにくく、食物連鎖の過程で生物濃縮されやすいうえ、大気により長距離移動する毒性を有する有機物。ダイオキシン、 PCB 、 DDT など。POPs(ポップス)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

残留性有機汚染物質の関連キーワード飛蝗効果・蝗虫効果・バッタ効果残留性有機汚染物質条約ストックホルム条約ポリ塩化ビフェニル地球環境科学エコチル調査POPs条約ダイオキシンポップス食物連鎖有機物長距離毒性

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android