コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気固流動層 きこりゅうどうそう

世界大百科事典内の気固流動層の言及

【流動層】より

…その応用例には,乾燥,熱交換,吸着,造粒,コーティングなどの物理的操作のほか,石炭のガス化,フィッシャー=トロプシュ合成,炭化水素の分解改質によるガソリンの製造など化学反応を伴う操作がある。これらは気体によって粉粒体を流動させるもので気固流動層ともいわれる。液体によって流動化させたものを液流動層という。…

※「気固流動層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android