水田稲作(読み)すいでんいなさく

世界大百科事典内の水田稲作の言及

【畑作】より

…【山崎 耕宇】
[日本における畑作の歴史]
 日本における畑作の起源は明らかではないが,縄文中期以降,アワ,ヒエなどを焼畑によって栽培したとする説もある。《古事記》《日本書紀》の伝える農作物起源の神話では,麦,アワ,ヒエ,大豆,アズキなどがあり,畑作が行われていたことになるが,しかし律令制時代以降,国への正租は水田の生産物である米が中心で,水田稲作に対し,畑作は副次的な存在であった。 しかし,水田稲作が停滞的な社会関係の基礎の一つをなしていたのに対し,畑作は近世になると自給的畑作を抜け出し,商品貨幣経済の中へ農家を引き入れ,農村の商品貨幣経済化を促すこととなる。…

※「水田稲作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android