コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永積 えいづもり

世界大百科事典内の永積の言及

【永高】より

…中世後期に永楽銭(永楽通宝)を基準として算定した年貢収納高で,関東特有の現象である。永積,永盛,永別などの呼称もある。年貢銭納は鎌倉末期に始まり,領主が知行地を分銭何貫文の地と表示する貫高制が成立したが,永楽銭の通用がひろまるにつれて東国ではそれが諸種の銭貨の中で基準たる地位をしめるにいたり,後北条氏が年貢銭納を永楽銭に限定し,永楽銭による分銭高を永高と称し,その慣習がひろく関東一円にひろまった。…

※「永積」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

永積の関連キーワードカロン(François Caron)東インド会社(ひがしいんどがいしゃ)保元物語(ほうげんものがたり)ファン・ボイチャウオランダ商館日記バタビア城日誌伏見屋四郎兵衛ジャガタラお春オランダ通詞オランダ商館和田理左衛門鳴門中将物語ジャガタラ文浜田弥兵衛ル・メール古今著聞集セーリス2月6日末次平蔵立憲革命

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永積の関連情報