コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚物処理槽 おぶつしょりそう

世界大百科事典内の汚物処理槽の言及

【浄化槽】より

…日本で初めて浄化槽が設置されたのは明治末期であり,それ以後しだいに増加してきた。汚物処理槽あるいは汚物浄化槽と呼ばれた時代もあった。明治から大正にかけての浄化槽の役割は急性伝染病や寄生虫病の予防に重点が置かれ,放流される水の消毒が第一義的に考えられ,水質保全との関係は第二義的なものであった。…

※「汚物処理槽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android