コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江島合戦 えのしまがっせん

世界大百科事典内の江島合戦の言及

【江の島】より

…南北朝初期には,伊勢国から奥州を目ざして船出した南朝方の関八郎左衛門尉らが,海上で遭難し江の島に漂着した。世に江島合戦といわれる戦いが起こったのは1450年(宝徳2)4月である。以前より関東公方足利成氏(しげうじ)と上杉氏の山内家家宰長尾景仲,扇谷家家宰太田資清らとの対立があり,成氏は江の島に拠り,腰越,由比ヶ浜で激闘が行われ,室町幕府の仲介で終結した。…

※「江島合戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android