コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江川坦庵 えがわ たんあん

1件 の用語解説(江川坦庵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

江川坦庵

江戸後期の西洋流兵学者・民政家。伊豆生。諱は英龍、字は九淵、通称は太郎左衛門高島秋帆に就いて砲術を学び、砲術塾を開く。門下には佐久間象山桂小五郎らがいる。ペリー来航後、勘定吟味役格海防掛となり品川台場建設、反射炉築造や大砲鋳造に尽力した。また書は市河米庵に、画は椿椿山に学んで共に能くした。安政2年(1855)歿、55才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江川坦庵の言及

【江川太郎左衛門】より

…伊豆国韮山に屋敷をもつ江戸幕府の世襲代官。代々太郎左衛門を名のった。出自は,大和国奥之郷宇野に住した清和源氏源経基の孫,宇野頼親といわれる。9代親信のとき,伊豆国八牧郷江川に移住,その子治長は源頼朝挙兵に功あり,16代英親は日蓮に帰依,21代英信は姓を江川と改めたとされる。28代英長は,小田原北条氏の麾下(きか)にありながら,徳川家康に通じ,1590年(天正18)韮山開城に功あり,家康関東入部にともない,96年(慶長1)4809石の土豪代官に取り立てられ,物成十分一を与えられた。…

※「江川坦庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江川坦庵の関連キーワード島秋帆桜井信景窮理学伊賀風山市川一学近松茂矩長沼宗敬深井象山藤原操南森山富涯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江川坦庵の関連情報