コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸古墨 えどこぼく

世界大百科事典内の江戸古墨の言及

【墨】より

…江戸時代には,諸国の大名や豪商などが装飾としての文房具に関心をもち,長崎を通じて輸入される唐墨が彼らの間でもてはやされた。一方,和墨の生産地としては奈良が栄え,紀伊の藤白(古名は藤代),尾張の東秀園などでも精妙な墨が作られ,今日江戸古墨として賞美されている。墨に関する著録としては,奈良の古梅園六代松井元泰の《古梅園墨談》《古梅園墨譜》《大墨鴻壺集》,藤原守美の《桂花園墨譜》などが刊行された。…

※「江戸古墨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android