コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸戯作 えどげさく

世界大百科事典内の江戸戯作の言及

【江戸文学】より

…この教訓と滑稽の二本柱は以後の江戸時代を通じて変わらないが,しだいにその根幹が教訓から滑稽へ移行することを指摘できる。それが談義本から洒落本滑稽本黄表紙といった,いわゆる江戸戯作の流れである。一方同じく享保ころから生じたきわめて知的で文芸性に富む創作の一分野に,初め上方で出発した読本(よみほん)と称するものがある。…

※「江戸戯作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

江戸戯作の関連キーワード近世物之本江戸作者部類当世下手談義静観房好阿我楽多文庫永井 荷風林 美一坪内逍遥巌谷小波新聞小説式亭三馬大田南畝市場通笑平秩東作饗庭篁村興津 要石川淳うがち興津要硯友社狂文

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸戯作の関連情報