コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汪英紫 おうえいし

世界大百科事典内の汪英紫の言及

【大里[村]】より

…東側に南北に走る新期石灰岩の大里台地があるほかは小起伏の地形からなる。14世紀に大里城を拠点とした汪英紫は馬天港により対明貿易を行い,大里を発展させたが,後に琉球を統一した尚巴志(しようはし)に滅ぼされた。第2次世界大戦前は県下有数のサトウキビ作地帯の純農村であった。…

※「汪英紫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

汪英紫の関連キーワード大里(沖縄県)大里[村]汪応祖

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android