汪英紫(読み)おうえいし

世界大百科事典内の汪英紫の言及

【大里[村]】より

…東側に南北に走る新期石灰岩の大里台地があるほかは小起伏の地形からなる。14世紀に大里城を拠点とした汪英紫は馬天港により対明貿易を行い,大里を発展させたが,後に琉球を統一した尚巴志(しようはし)に滅ぼされた。第2次世界大戦前は県下有数のサトウキビ作地帯の純農村であった。…

※「汪英紫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android