沖の犬(読み)おきのいぬ

世界大百科事典内の沖の犬の言及

【オットセイ(膃肭臍)】より

…《日本山海名産図会》には,大をネッフ,中をチョキ,小をウネウというとあるが,アイヌ語でオンネプonnepは成獣の雌,あるいは雄をいったらしい(《分類アイヌ語辞典》)。海狗とも記され,寒流に乗って金華山沖までくることもあり,三陸で〈沖の犬〉と呼ばれたのもこれらしい。主として肉と陰茎を強精薬,毛皮を敷物,履物として珍重したので他の動物によって偽物もつくられた。…

※「沖の犬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報