コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河回 かかい

世界大百科事典内の河回の言及

【安東】より

…李朝中期には朝鮮の代表的朱子学者である李退渓が陶山書院を舞台に活躍し,嶺南学派を形成した。今日でも儒教の影響が強い地方であるが,一方,近郊の河回には,儒教的支配層の権威主義を批判した仮面劇が伝えられている。1975年に韓国第2の安東ダムが完成するなど,保守的な町も大きく変わりつつある。…

※「河回」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河回の関連キーワード安東国際仮面劇フェスティバルジョン・S. プラスケットC.V.L. シャーリエキョンジュ(慶州)市アンドン(安東)市天文学史(年表)安東(大韓民国)銀河(天体)太陽(天体)オールト定数スライファー恒星天文学天体磁場銀河電波オールト降海回遊高速度星河回仮面回遊安東

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android