波利質多(読み)はりしった

世界大百科事典内の波利質多の言及

【曼陀羅華】より

…樹高は20mにも達し,初夏(インドでは3~4月)には深紅色から紫紅色の花を長さ30cm内外の総(ふさ)状につける。デイコはまたパーリジャータpārijāta(〈波利質多(はりしつた)〉と音写)とも呼ばれ,ヒンドゥー教の神話では神々とアスラが乳海攪拌(かくはん)を行ったときに生じ,インドラ(帝釈天)の天を荘厳するものとなったとされる。なお,マンドラゴラや麻酔作用をもつチョウセンアサガオを曼陀羅華と呼ぶこともある。…

※「波利質多」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android