洞海港(読み)どうかいこう

世界大百科事典内の洞海港の言及

【洞海湾】より

…91年に若松~直方(のおがた)間に鉄道(現,築豊本線)が通じ,1901年の官営八幡製鉄所(現,新日本製鉄八幡製鉄所)の操業開始前後から工業化が進んだ。鉄鋼,化学,窯業,電機など多数の大工場が湾岸に集中・立地して北九州工業地帯の中枢を形成し,洞海湾は工業港湾洞海港としてその動脈的役割を果たすが,一方で水質汚濁が著しくなった。62年,湾口部に若戸大橋が完成した。…

※「洞海港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android