コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅沼佐盈 あさぬまさえい

世界大百科事典内の浅沼佐盈の言及

【蔵志】より

…古医方派の後藤艮山(こんざん)に学んだ京都の官医山脇東洋が,中国の内景(五臓六腑)説に疑問をもち,動物を解剖して実地に生物の内部構造を確かめたうえで,1754年(宝暦4)閏2月7日に京都所司代の官許を得て刑死体の解剖を行い,5年後の59年にこの解剖所見と解剖図を発表したのが本書で,付録に数編の東洋の医説や交友の書簡を収めている。解剖図は門人の浅沼佐盈(さえい)が描いた原図をもとに,木版で輪郭の線だけを彫って墨刷りし,内部は手彩色された。図はわずか4葉にすぎず,その解剖所見はいまだ幼稚,簡粗であったが,実際に目で確かめた実証精神にあふれ,中国の内景説と違う点を指摘した点で,日本近代医学のあけぼのとなった書として注目される。…

※「浅沼佐盈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone