コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅間山大噴火 あさまやまだいふんか

世界大百科事典内の浅間山大噴火の言及

【天明の飢饉】より

…このため米価は騰貴し,また自領の防衛のために行われる津留政策によって食糧の欠乏する地帯の飢饉は倍加され,雑穀はもとより海草,草木の芽や雑草,松の甘皮など,食糧になりうるものはすべて取り尽くされたという。さらにこの年7月の浅間山大噴火で降灰が周辺農村を埋め,広範囲の地域に被害をもたらした。全体的な統計はないが,東北地方では3分の1に及ぶ人口減をみた所も少なくない。…

※「浅間山大噴火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅間山大噴火の関連情報