海塩核(読み)かいえんかく

世界大百科事典内の海塩核の言及

【雨】より

… 一つは水蒸気の凝結によって成長するもので,暖かい雨のおもな原因である。水蒸気が凝結するためには心核が必要であるが,とくに有効に雨滴の心核となる凝結核は半径1μm以上(大気中,とくに海岸地帯でほぼ数個/cm3存在する)の巨大海塩核である。この核は水蒸気を容易に吸収するため,たとえば湿度78%で乾燥状態の半径1μmの核(海塩核のおもな成分はNaCl)はすでに半径約2μmにも成長している。…

※「海塩核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android