海外建設工事(読み)かいがいけんせつこうじ

世界大百科事典内の海外建設工事の言及

【建設業】より

…また,日本経済が高成長から低成長へと移行するのに伴い,公共事業も含め国内建設需要の鈍化傾向は避けられず,日本の建設業もこれに対応して,エンジニアリング業務(企画・設計から建設完了までプロジェクト全体を一貫して手がけるもの)や都市開発業への進出など,新しい事業展開を探りはじめている。また75年ころからは,海外建設工事にも積極的に取り組んでいる。東南アジア諸国および中東産油国からの受注が大半であるが,大手業者の総受注高に占める比率は1割にも達せず,欧米諸国に比べると立ち遅れており,またカントリー・リスクを含め採算面でも問題がある。…

※「海外建設工事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android