海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律(読み)かいようおせんおよびかいじょうさいがいのぼうしにかんするほうりつ

世界大百科事典内の海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律の言及

【油汚染】より

…このような状況からみて,油汚染対策は海上交通の安全と密接なかかわりをもっている。油汚染に対する防除体制は〈海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律〉によって原因者である船舶側や施設の管理者に,オイルフェンス,油吸着材,油処理剤などの防災資器材の設置義務が定められており,また,前記3海域を航行する大型タンカーの船舶所有者には油回収船の配備も定められている。さらにこれらを援助協力するための民間専門機関として各地に海上災害防止センターが設置されて,防除資材の備蓄なども行っている。…

【海洋汚染防止法】より

…〈海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律〉(1970公布)の略称。本法の立法趣旨は,国民経済の発展に伴い,海の汚染によって,港湾や沿岸海域で,人の健康,海洋生物,海洋活動などが重大な影響を受けるようになったことに対応して,海の汚染を防止することによって,海洋環境を保全し海上災害を防止することにある。…

※「海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android