コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海運集約 かいうんしゅうやく

世界大百科事典内の海運集約の言及

【海運業】より

…60年第2次大戦前の船腹量を回復し,タンカーや各種専用船への多角化を進めてはいたが,この年に始まる国民所得倍増計画に必要な船腹量への拡充は不可能であった。そこで政府の海運造船合理化審議会は,62年支配船腹量100万トン基準の企業グループへの海運集約案を発表,翌年日本の外航船腹936万トンの約90%が,日本郵船,大阪商船三井船舶,川崎汽船,山下新日本汽船,ジャパンライン,昭和海運を中核とする6グループに集約された。この集約を条件に認められた開発銀行融資利子の徴収猶予,利子補給率の引上げと,日本の輸出入の飛躍的な増大による市況の好転とによって,急速に企業体質は改善された。…

※「海運集約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone