コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海馬葡萄鑑 かいばぶどうかん

世界大百科事典内の海馬葡萄鑑の言及

【海獣葡萄鏡】より

…内区には葡萄唐草文の間に大きく獅子,豹,天馬,孔雀,鳳凰などが表され,外区では,同じく葡萄唐草文の間にこれらの禽獣に加えてネズミや猫などの小動物,小鳥,昆虫が見え隠れしている。宋代や清代の図録類に〈海馬葡萄鑑〉とか〈海獣葡萄鑑〉の名があり,呼びならわされてきているが,とくに海獣または海馬と特定しうる獣形は認めがたく,名称の由来は判然としない。日本には,正倉院あるいは社寺に伝世された優品も少なくなく,また,法隆寺五重塔心礎埋納物や高松塚古墳副葬品に含まれていて,とくに有名になった。…

【唐鏡】より

…中国,唐代に製作された鏡。唐代は長安,洛陽を中心とする宮廷文化が育ち,鏡も前代と異なる趣味をもち珍重された。唐鏡は白銅質,厚手のものが多く,形も変化に富み,円形,方形,八花形,八稜形などがある。また鏡背の文様には,螺鈿(らでん),七宝(しつぽう),金銀平脱(へいだつ),貼銀鍍金(ちようぎんときん)などの各種の技法がみられる。六朝鏡から唐鏡への過渡期には隋鏡という鏡式がある。これには四神鏡などがあり,団華文鏡などすぐれた作品が多い。…

※「海馬葡萄鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。