コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液体ヘリウム II えきたいへりうむに

世界大百科事典内の液体ヘリウム IIの言及

【液体ヘリウム】より

4Heの液体,液体ヘリウム4は2.172K(0.0497気圧)で粘性が消失する超流動状態に転移する。超流動状態の液体ヘリウム4を液体ヘリウムII,これに対して超流動転移温度以上の液体ヘリウム4を液体ヘリウムIと呼ぶこともある。液体ヘリウム3(3Heの液体)も0.93mK(0気圧)で超流動状態に転移する。…

【超流動】より

…超流動状態では,液体はきわめて細い管の中を圧力差なしに流れ,また,第2音波や噴水効果など種々の奇妙な現象が観測される。 液体ヘリウム4に,液体ヘリウムIIと呼ばれる相が存在することはW.H.ケーソムらによって1927年に発見され,これが粘性0の超流動相であることは38年にP.L.カピッツァによって確かめられた。また液体ヘリウム3の超流動相はアメリカのD.D.オシェロフらによって72年に発見された。…

※「液体ヘリウム II」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

液体ヘリウム IIの関連キーワードメカノカロリック効果W.H. ケーソム天文衛星(日本の)超流動ヘリウム4噴水効果(流体)液体ヘリウムカピッツァλ転移超流動相転移

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android