コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液体浸炭法 えきたいしんたんほう

世界大百科事典内の液体浸炭法の言及

【浸炭】より

…浸炭後に焼入れすると,表面はより硬く,耐摩耗性が良好で,芯部は強靱で衝撃抵抗の高い材料となるので,歯車,ピストンリング,機械部品の摺動部などに加工される。浸炭は,その炭素源の種類により,固体浸炭法,液体浸炭法,気体(ガス)浸炭法に分けられる。なお,浸炭によって造られた鋼を肌焼鋼という。…

※「液体浸炭法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報