渦流量計(読み)うずりゅうりょうけい

世界大百科事典内の渦流量計の言及

【流量計】より

…高速増殖炉など高速中性子を使う原子炉では,NaやNa‐Kなどの液体金属が炉心から熱を取り出す冷却材として使われるが,流量測定に電磁流量計が使われる。
[渦流量計]
 流れの中におかれた円柱とか角柱のような形状の物体の下流には,交互に放出される2列の渦列がみられる。この渦列はカルマン渦と呼ばれており,渦列の安定性を研究した物理学者T.vonカルマンの名がつけられている。…

※「渦流量計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android