温浸法(読み)おんしんほう

世界大百科事典内の温浸法の言及

【精油】より

…精製した牛脂や豚脂の中に花を入れ,花精油を吸収させて香脂(ポマード)とし,さらにアルコールで抽出してエキストラクトエッセンスとする方法で,古くから行われている。60~70℃に温めた油脂を用いるのを温浸法,常温で行うのを冷浸法という。ほかに,ヘキサン,石油エーテル,液化プロパンなどの揮発性溶剤を用いて花精油を抽出し,減圧蒸留によって粗製花精油をとり,アルコールを用いて抽出,減圧蒸留して精製する方法も行われている。…

※「温浸法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android