温補派(読み)おんほは

世界大百科事典内の温補派の言及

【中国医学】より

…その後,金・元の四大家といわれる劉完素,張従正,李杲(りこう),朱震亨(しゆしんこう)をはじめ,張元素,王好古(1210?‐1310?),羅天益(1220?‐1290?)など多くの医家が出現し,それぞれ特徴のある理論と治療法を主張した。たとえば劉完素と張従正は寒涼派といわれるように激しい作用を持った薬を多く用い,李杲と朱震亨は温補派(この2人の流れに従った医学を李朱医学ともいう)といわれるように温和な薬を用いることを提唱した。これらの医家がそれぞれの治療理論の共通のよりどころとしたのは《素問》,《難経(なんぎよう)》などの書である。…

【李杲】より

…彼は元気を損ずると内傷を起こして病気になるとして内傷学説を唱え,最も重要な臓器が脾と胃で,その気を補益することが大切であるとして補剤を多く用いた。彼の一派は温補派と呼ばれ,彼の説は朱震亨(しゆしんこう)の説といっしょにして李朱医学といわれる。《脾胃論》《内外傷弁惑論》《蘭室秘蔵》などの著書がある。…

※「温補派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android