コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温谷 おんこく

世界大百科事典内の温谷の言及

【温泉】より

…このほか温泉そのものを神体として,神社に湯とか温泉の名をそのままつけた例もある。【山折 哲雄】
[中国]
 《抱朴子》が温谷の湯泉を人間の常識をこえたものの比喩のひとつにとりあげているように,温泉はつねに中国人によって神秘視された。温谷とは《山海経(せんがいきよう)》にあらわれる温源谷ないし湯谷であって,そこは太陽が登るところであるという。…

※「温谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android