コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

港湾管理者 こうわんかんりしゃ

世界大百科事典内の港湾管理者の言及

【港湾】より

… 日本の近代港湾の歴史的発展は,欧米主要港のように地域住民の代表者による自主的経営に基づく港湾相互の自由競争の結果としてではなく,開港の初めから国策によって推進されてきた。それが戦後の1950年に,港湾を国の営造物とするそれまでの中央集権的な思想から,港湾はその発展にもっとも身近な利害をもつ地域住民の意思を代表する港湾管理者によって自主的に経営されるべきであるとする発想の転換に基づいて,港湾の基本法ともいわれる港湾法が制定されたのである。港湾法が期待した港湾経営の主体としての〈港湾管理者〉は,ロンドン港庁やニューヨーク港庁の例にならった〈港務局(ポート・オーソリティ)〉であった。…

※「港湾管理者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

港湾管理者の関連キーワード関根浜港相の浦港住ノ江港長崎鼻港中之島港中之作港秋鹿北港二木島港野辺地港野々浜港奥の内港波多見港袋の内港長浜港長与港中山港長洲港名柄港長江港仁位港

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

港湾管理者の関連情報