湯玆矩(読み)とうこれのり

世界大百科事典内の湯玆矩の言及

【亀井茲矩】より

…安土桃山時代の武将。尼子氏の旧臣で出雲の人。湯氏を称しており茲矩のとき亀井氏と改める。織田信長の陪臣で後に独立の武将となり,信長の死後は豊臣秀吉に仕え1585年(天正13)には従五位下武蔵守を許され,文禄・慶長の役にも渡海した。関ヶ原の戦では東軍に属し,功により2万4500石加増され因幡国に3万8000石を領した。秀吉から琉球守を許されたという伝承や,朱印船貿易家としての活躍が示すように外国への関心が強かった。…

※「湯玆矩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android