滑車装置(読み)かっしゃそうち

世界大百科事典内の滑車装置の言及

【滑車】より

…ただし,1/2nの力で動かすことはできても,重さWのものを距離Lだけ動かすには,綱をLの2n倍だけ動かさなければならず,必要な仕事量はW/(2n)×(2n)LWLであり,これは直接動かしたときと同じである。複数の滑車を組み合わせた滑車装置(複滑車)は,てこ,くさびとともに,古代から使用された原始的倍力装置の一つであるが,現代に至ってもクレーン,チェーンブロック,エレベーターなど,その利用範囲は広い。【北郷 薫】。…

※「滑車装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android