漁業生産物(読み)ぎょぎょうせいさんぶつ

世界大百科事典内の漁業生産物の言及

【水産業】より

…1977年からの200カイリ制によって,それらの国際的な機構はほとんどみな事実上の変質を迫られ,世界は今新しい資源利用秩序を形成する過渡期にある。水産資源
[水産物の利用配分と輸出入]
 漁業生産物の利用形態のうち魚粉・魚油等の非食用向け数量は,1970年代初めにペルーのカタクチイワシ減産が影響して2000万tの水準に低下した後,72年以降は多くても2300万t止りで10年間にわたり横ばいを続けている。資源の自然的増大による漁獲増が食用需要を超えた分だけ非食用に回るといった面が強く,その数量の変動は多分に自然依存で受動的である。…

※「漁業生産物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android