コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業経営体 ぎょぎょうけいえいたい

世界大百科事典内の漁業経営体の言及

【漁家】より

…小規模な漁船漁具を保有し,主として家族労働により沿岸漁業を営む家族経営体。統計上は合計トン数10トン未満の動力船あるいは無動力船を用いる漁船漁業,小型定置網漁業,ノリ,カキ,ブリ,ワカメ,ホタテガイ,いかだ台数100台未満の真珠と真珠母貝等の養殖を営む漁業経営体をいう。1995年には約15万5000戸(1963年には約22万5000戸)で,漁業経営体(海面において,利潤または生活の資をうるために漁獲物を販売することを目的として漁業生産を行う事業体)総数の九十数%を占めるが,漁船トン数においては約1/4を占めるにすぎない。…

※「漁業経営体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone