コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演繹学習 えんえきがくしゅう

世界大百科事典内の演繹学習の言及

【機械学習】より


[説明に基づく学習]
 前述の一般化や特殊化は概念記述の形のみに基づく操作であることが多いが,それではさまざまな方向がありすぎるため学習に多くの事例を必要とする。そこでドメイン知識や推論を用いてその効率を上げようとするのが演繹学習方式である(これに対して神経回路網や概念学習は事例を一般化していくので帰納学習と呼ばれる)。その代表が〈説明に基づく学習〉である。…

※「演繹学習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android