濃硝酸(読み)のうしょうさん

世界大百科事典内の濃硝酸の言及

【硝酸】より

…硫酸と硝石から硝酸をつくる方法はドイツのJ.R.グラウバーによって考案され17世紀から行われた。
[性状]
 濃硝酸はしばしば光化学反応によってNO2を生じ黄褐色になっている。 濃硝酸は強力な酸化剤であり,金,白金,ロジウム,イリジウムのような貴金属のみが侵されない。…

※「濃硝酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android