火化墳(読み)かかふん

世界大百科事典内の火化墳の言及

【蔵骨器】より

…仏教が中国に伝わると主として僧侶間に火葬が行われ,石棺式の蔵骨器に入れて墓塔を建てた。日本では火葬地をそのまま墓にした火化墳が6,7世紀に現れるが蔵骨器は伴わない。7世紀末から8世紀にかけて官人・貴族間に火葬が広まり,土師器,須恵器,緑釉・灰釉・三彩などの施釉陶,金銅,ガラス製などの蔵骨器が用いられた。…

※「火化墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android