コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火炎伝播 かえんでんぱ

世界大百科事典内の火炎伝播の言及

【燃焼】より

… もう一つの発火形式である口火による発火(引火)は,可燃性の混合気が口火によってエネルギーの供給を受け,その付近で局部的に自然発火を起こす現象である。自然発火と異なる点は,熱源が小さく熱バランスのうえで放熱が大きいため,発火に要する温度が高く,また発火に引き続いて火炎伝播を伴うところにある。口火は発火源ともいわれ,その種類は多いが,おおまかには電気火花,熱面,高温ガスの三つに整理できる。…

※「火炎伝播」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

火炎伝播の関連キーワードホンダNR(RC40E)火花点火機関ガス爆発燃焼

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android