火炎伝播(読み)かえんでんぱ

世界大百科事典内の火炎伝播の言及

【燃焼】より

… もう一つの発火形式である口火による発火(引火)は,可燃性の混合気が口火によってエネルギーの供給を受け,その付近で局部的に自然発火を起こす現象である。自然発火と異なる点は,熱源が小さく熱バランスのうえで放熱が大きいため,発火に要する温度が高く,また発火に引き続いて火炎伝播を伴うところにある。口火は発火源ともいわれ,その種類は多いが,おおまかには電気火花,熱面,高温ガスの三つに整理できる。…

※「火炎伝播」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android