コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火炎面 かえんめん

世界大百科事典内の火炎面の言及

【燃焼】より

…このような可燃性雰囲気中の火炎伝播は,自動車エンジンのシリンダー内や建物内のガス爆発などで実際に起こっている。また,これらの火炎伝播現象は幅の狭い熱パルスが空間を移動する現象とみなされるので,これを波動に見たてて燃焼波と呼ぶこともあり,このとき火炎の前面を波面にならって火炎面という。さらに火炎の伝播が著しく加速を受けると火炎面に衝撃波を伴うようになるが,この状態は爆ごう(轟)またはデトネーションと呼ばれ,前記の火炎伝播とはまったく異なった特性を示す(〈爆発〉の項参照)。…

※「火炎面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火炎面の関連キーワード爆轟波面進行速度則爆ごう(爆轟)燃焼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android