為替持高調整(読み)かわせもちだかちょうせい

世界大百科事典内の為替持高調整の言及

【スワップ取引】より

…たとえば,銀行間取引においてA行がB行との間で100万ドルの直物為替を買うと同時に,100万ドルの3ヵ月物の先物為替を売る場合がこれである。銀行のスワップ取引は,資金調整上の必要と為替持高調整の目的から行われる。前者は,たとえば3ヵ月間ポンド資金を必要とし,ドル資金に余裕があった場合,ドルを対価にポンドの直物為替を買うと同時に,3ヵ月先物で同額のドル買い・ポンド売りの取引を行う。…

※「為替持高調整」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android