コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏蒙山 うもうさん

世界大百科事典内の烏蒙山の言及

【イ族(彝族)】より

…この土司(首長)支配は,階層化したイ族社会に深く根付いたが,一方では権力を集中する土司が中央の命令に従わず,自己の支配権を強固にした。とくに山岳地帯に住む黒羅羅,たとえば烏蒙山(雲南省北西)や涼山(四川省南部)は一大勢力地区であった。しかし清代の雍正期(1723‐35)以降,烏蒙山の諸土司は清朝の土司支配に強く抵抗を続けたが,ほとんどは清朝の支配をうけいれた。…

※「烏蒙山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

烏蒙山の関連キーワードペイパン(北盤)江ウー(烏)江

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android