コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野御師 くまのおし

世界大百科事典内の熊野御師の言及

【御師】より

…伊勢御師は中世末期に外宮(げくう)だけでも145家に達し,御師にとって檀那株の所有は財産と考えられ,その株の売買がしきりに行われた。近世に入ると,熊野御師の勢力は衰えたものの,巨大な組織を基盤として商業資本化していった。伊勢の御師は繁栄の度を加え,正徳年間(1711‐16)には,外宮で500家,内宮(ないくう)で240家にも達した。…

※「熊野御師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

熊野御師の関連キーワード先達

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android