熱ゆらぎ磁気余効(読み)ねつゆらぎじきよこう

世界大百科事典内の熱ゆらぎ磁気余効の言及

【磁気余効】より

… 磁気余効は磁区の構造が安定な構造に落ち着くまでに時間を要することによって起こるもので,一種の緩和現象といえる。おもな磁気余効の原因としては拡散磁気余効と熱ゆらぎ磁気余効が知られている。拡散磁気余効と呼ばれる機構は,強磁性体,フェリ磁性体中の原子,イオンなどの分布が磁化の変化とともに変化することに基づく。…

※「熱ゆらぎ磁気余効」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android