熱回収法(読み)ねつかいしゅうほう

世界大百科事典内の熱回収法の言及

【採油】より

…最近では,さらに複雑な方法で,より多くの原油を回収する試みがなされている。それらを総称して増進回収法というが,そのうちおもなものは熱回収法,ガス・ミシブル攻法,ケミカル攻法に大別される。熱回収法は熱エネルギーを油層に与え,油層中の原油の粘性を低下させて回収率の向上を図る方法で,もともと粘性の高い重質油の回収に効果的である。…

※「熱回収法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android