熱膨張風理論(読み)ねつぼうちょうふうりろん

世界大百科事典内の熱膨張風理論の言及

【太陽風】より

…すなわち,速い流れはX線で明るく輝く黒点近傍の高温域からではなくて,むしろ明るいコロナが存在していない部分,すなわち,いわゆるコロナ・ホール(穴)からきていたのである。これはパーカーの熱膨張風理論では説明がつかず,問題を投げかけた。これを説明するためにコロナの明るいところ,すなわち,黒点活動域周辺では磁力線は閉じていてプラズマを逃がさないのに対し,コロナ・ホールの部分の磁力線は上空に向かって開いており,この開きぐあいによって太陽風の加速が強まるという理論が提出されたが,これも吹き出すべき高温プラズマの圧力が十分でない場合は困り,むしろ単純熱膨張風でない,例えばアルベーン波Alfvén wave(磁場をもつプラズマ中を伝わる低周波の一種。…

※「熱膨張風理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android