コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熹平石経 きへいせっけい

世界大百科事典内の熹平石経の言及

【蔡邕】より

…石経を見る者,筆写する者,日ごと1000余両の車がおしよせ,人びとは漢字の神聖な芸術性に驚嘆したという。いわゆる熹平(きへい)石経である。しばしば災異が現れたので政治について改革意見を上奏したところ,程璜(ていこう)らのために罪に落とされた。…

【石経】より

… (1)漢石経 後漢末に経書本文に関する論争に決着をつけるため,蔡邕(さいよう)が定本を作り文字を書いて石に刻したと伝える。熹平4年(175)に起工し9年目に完成したので熹平石経といい,書体は隷書だけで書かれたので一字石経ともいう。内容は《易経》《尚書》《詩経(魯詩)》《大戴礼》《春秋》《公羊伝》《論語》の7経で,石碑は46,表裏両面に刻し国都洛陽の太学門外に立てた。…

※「熹平石経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熹平石経の関連キーワード蔡邕石経

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android