コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片岡湾 かたおかわん

世界大百科事典内の片岡湾の言及

【シュムシュ[島]】より

…中央に楯状火山鉢伏山(155m),南西部に三塚山(190m)があり,北東岸には別飛(べつぴ)沼を含む低湿地が広がる。パラムシル海峡に面したボイコボ湾(片岡湾,1892年当地を視察した片岡侍従にちなむ)がある。1893年郡司成忠が〈報効義会〉を組織して占守島を調査し,96年にこの地に移住したことで知られる。…

※「片岡湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

片岡湾の関連キーワード占守島