物真似狂言尽(読み)ものまねきょうげんづくし

世界大百科事典内の物真似狂言尽の言及

【歌舞伎】より

…しかし,これも衆道(しゆどう)の売色を兼ねていたために,女歌舞伎同様の弊害をもたらすとの理由によって,52年(承応1)に禁止された。 そこで,若衆の象徴である前髪を剃り落として野郎頭になること,扇情的な舞や踊りでなく〈物真似狂言尽〉を演ずることの2条件を受け入れて,53年再開を許された。これ以後を〈野郎歌舞伎〉と称する。…

※「物真似狂言尽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android